選価で豊富な種類!価格も種類も業界一番でいま実行!新健康生活!
  
   ★★★★  他社と比べてみてくださいこの価格!★★★★★★★★★   
業界 最安価格帯の商品比較群 からお選びいただけます                                                            


icon.gif 上記カテゴリー中 >>>>一番閲覧されてる商品リストで比較 <<<<<<

2009年08月27日

電気たばこ広告の禁止国オランダでは

電気たばこ広告の禁止されている国があるようです。

英語wikiたばこ辞書の国による規制状況(Legal status by region)によると、

オーストラリアでは、ニコチン入りの電子たばこは違法。

オーストリアでは、電子たばこは医療機器と考えられニコチンカートリッジは医療製品であるということ。
・・・・略。

デンマークでは、電子たばこは法律で認められてるが、ニコチンカートリッジは当局のレビューの間は一時的禁止。

カナダでは、ニコチン入りのたばこは製造承認がいるとのこと。

フィンランドではニコチン入りたばこ販売は違法。売ること目的で買うのも禁止だけど海外から個人で使うぶんだけならOKだとのこと。

香港では、電子たばこの所有や販売は違法とのこと。(・・ほんとかなぁ? 所有も? wikiにはそう書いてありますが・・。)

マレーシアでは、電子たばこはメディカル機器と考えられていて、ニコチンカートリッジはメディカル製品。

オランダでは、電子たばこの使用は許されてるが、広告は禁止保留(forbidden pending) の措置が取られてるとのこと。つまり一時禁止されてたのかな?

ニュージーランドでは、ニコチン入りのカートリッジは規制がある。

イギリスでは現在 規制されていないとのこと。

アメリカでは、電子たばこはニコチンデリバリシステムと考え、認証については現在、スモーキングデバイスを調査中で、多くの輸入の電子たばこをブロックしてるとのこと。・・検査中なのかな?

(誤訳ミスもあるかもしれないので正確な情報はネイティブか専門家にご確認ください。)


posted by kenko-tabako at 18:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

        売れてるおすすめ電子たばこやその他!


以下お役立ちリンク集 客観的情報がいっぱいあります。

〔〔〔〔〔〔〔〔 外部サイト〕〕〕〕〕〕〕
厚生省のたばこと健康に関する情報ページ  WHOによる煙草アトラス(ENGLISH)
〔〔〔〔〔〔〔〔 外部サイト〕〕〕〕〕〕〕

icon.gif  下記カテゴリー中 
一番閲覧されてる電子たばこ関連商品全リスト

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。